細菌感染にはジスロマックを使うべし!の2015年7月記事一覧

  • クラミジア治療には90%治るジスロマック

    クラミジアは、クラミジアトラコマチスという細菌が原因でひきおこされる病気です。
    目や性器、咽頭部に感染します。
    感染の原因として性行為があります。
    トイレの便座、風呂、コップの回し飲みなどで感染するケースはほとんどありません。
    女性の場合、感染しても比較的症状が少ないため、重症化するまで気づかないことがあります。
    はじめはオリモノが少し増える程度ですが、子宮内膜から卵管、そして腹腔内へと感染が広がると下腹部の痛みを感じるようになります。
    クラミジアが腹腔内に広がり、さらに上腹部にまで達すると肝臓にまで炎症が広がることがあります。
    クラミジア治療には抗生物質を使用します。
    症状によって服用回数や期間が異なります。
    従来の抗生物質を使った治療は長い期間をかけて治す方法が主流で、薬を飲み忘れるという問題もありました。
    こうしたなか開発されたのがジスロマックという抗生物質です。
    特徴は血液中に高い濃度が持続する性質があり、一回服用するだけで効果が一週間もの長期にわたって続くということです。
    また抗生物質の使用よりショック症状などの副作用がおきることがありますが、ジスロマックは副作用がおきる可能性は少ないです。
    また抗生物質の使用により細菌が耐性(耐性菌)をもつことがありますが、これも多くはありません。
    ただジスロマックが有効な菌種は他の抗生物質と比べると少ないです。
    ジスマロックは1000mgを1回だけ飲めば、90%の確率でクラミジアが治るとされています。
    そのため国内外で多く使用されています。
    また胎児にも影響がないので妊婦でも安全に使用することができます。
    また病院に行かなくても通販で購入できる薬です。
    自宅でこっそり治療を行なうことも可能です。