細菌感染にはジスロマックを使うべし!の2016年4月記事一覧

  • ジスロマックで斑点が出た理由の内容とは

    多くの感染症に有効な薬であるジスロマックは、多くの症状で改善に有効なので処方されています。気づかないうちでも風邪やのどの痛み、さらには性病の感染にまで有効です。主にインフルエンザ菌、肺炎球菌、淋菌、クラミジア属、マイコプラズマ属などに効き目を発揮します。これだか多彩な菌に効くので、幅広いシーンで用いられています。さらに小児用にして処方されることもあり、年齢や症状を問わず、多くの場面で活躍する薬がマイコプラズマ属なのです。原因菌のタンパク質合成を阻止して、増殖を防ぎます。このジスロマックは滅多にありませんが副作用もあります。薬である限り、場合によってはそのような反応が出てしまうことがあります。副作用の内容はよくあるようなむくみ、下痢などがあります。しかし、もっと気にしなくてはならないのが斑点が出るという内容です。ジスロマックを服用することで皮膚に斑点が出てしまう方もいます。赤い斑点が皮膚に出たり、じんましんのような斑点が出てしまう場合も報告されています。これは体がジスロマックの成分に過剰な反応を起こしてしまって、機能が正常になっていない状態です。詳しい内容としては、じんましんではいきなりの薬の成分にショックを受けている状態があります。この時は動悸などもしてきます。また赤い斑点が出ている時はアナフィラキシーの場合もあるので、早急に服用をストップして医師に診てもらいましょう。また、この赤い斑点が破けて水泡などもできるようだと、ショック状態が皮膚にあらわれているので急いで診察をしてもらった方が良いでしょう。しかし、このようなケースは稀で、長い間これだけ多くの症状に処方されてきているほどの安心感のある薬です。